DRMとは。カリビアンコムはDRMあり?なし?

DRMとはページ画像

 

DRMとは、動画や画像などデジタルコンテンツの著作権を保護する技術のことで、正式名を「Digital Rights Management」といいます。

 

アダルトサイトにはDRM制限があるサイトと、ないサイトがあり、DRM制限ありのサイトは退会するとダウンロードした動画は再生できなくなります。

 

大好きな女優さんの作品を秘蔵コレクションしておきたい場合は、DRMありなしは非常に重要なポイントになりますので、アダルトサイトを利用する際はよく確認するとともに覚えておきましょう。

 

アダルトサイトでよくDRMなしとかDRMありとか見ることがありますが、DRMがある動画だと、たとえお金を払ってダウンロードした作品でも、そのサイトを退会すると動画が見れなくなってしまいます。

 

アダルトサイトでいうと、FANZAやMGSなどの国内アダルトサイトの動画配信はDRM制限があり、サイト専用の動画プレーヤーでなければ再生不可だったり、視聴期間が制限されていたり、端末(PC、スマホなど)を変えたりすると、認証をやり直さなければならなかったりと、めんどくさい面が目立ちます。

 

一方DRM制限がない動画の場合は、動画を自分の端末などにダウンロードしておけば、たとえそのサイトを退会しても、ファイルが壊れないかぎりいつまでも視聴することが可能です。また前述のような専用プレイヤーも端末認証も必要ないので快適です。

 

カリビアンコムの作品はどうかというと、DRM制限はありません。
なので動画を自身の端末にダウンロードしておけば、カリビアンコムを退会しても永久的にみれますので作品コレクションに適しているといえます。

 

カリビアンコムの他、無修正アダルトを配信しているほとんどのサイトはDRM制限はありませんね。


DRM制限ありのメリットデメリット

DRM制限ありのメリット

ユーザー目線でのメリットは特になし。

 

DRM制限ありのデメリット

  • サイトを退会するとダウンロードした作品でも視聴不可になる。
  • 専用プレーヤーでなければ再生できない。
  • 認証された端末でなければ再生できない。
  • 購入した動画をコピーできない。
  • サイトが閉鎖したら購入済み作品でも見れなくなる。

DRM制限なし(DRMフリー)のメリットデメリット

DRM制限なしのメリット

  • 端末にダウンロードしておけば退会しても永久的に視聴できる。
  • 専用プレーヤーが必要ない。
  • 再生時に認証が必要ない。
  • ダウンロード済みの動画にコピーガードがかかっていないのでコピー可。

 

DRM制限なしのデメリット

ユーザー目線でのデメリットは特になし。

 

カリビアンコムのストリーミング会員について

カリビアンコムにはストリーミング会員というプランがあります(15日間15ドル)。
このプランは低価格でお試しには最適なのですが、ストリーミング会員はストリーミング専用で作品のダウンロードはできませんので注意してください。
好きな女優さんの作品をコレクションしたい場合はダウンロードプランを選択してくださいね。

お願い